高円寺0分すごろくや

東京 高円寺駅前のボードゲーム店「すごろくや」のブログ。

お知らせ

ゲーム紹介:オペラ座の怪人 / Le Fantôme de lOpéra

場内10室で怪人と捜査陣の逃走劇
オペラ座の怪人 / Le Fantôme de l’Opéra
メーカー: Hurrican (ハリケーン, スイス), 発行年: 2013年
作者: Bruno Cathala (ブルーノ・カタラ) & Ludovic Maublanc (ルドヴィック・モーブロン), このコンビでの代表作:『ミスター・ジャック
9才~大人, 2人専用, 所要30分, ルール難度:★★ (2)

オペラ座の怪人:箱

『オペラ座の怪人』は、捜査役と犯人役に分かれて、劇場内の10部屋を舞台に容疑者8人を動かし、部屋に集めたり孤立させたりすることで、犯人を特定させる/させないの攻防を繰り広げる2人専用のゲームです。

オペラ座の怪人:展示用写真

劇場公演の主役女性歌手が、何者かの犯行によって心霊現象で精神的に追い詰められています。劇場内の8人の容疑者のうち誰か1人が犯人〈オペラ座の怪人〉です。
捜査役は、女性歌手が精神的にまいって劇場から逃げ出してしまうまでに犯人を特定しなければなりません。一方、犯人役はできるだけ特定されないように時間稼ぎをし、女性歌手を劇場から追い出すことを目指します。

交互に、劇場内の10部屋に置かれている容疑者たちのコマを通路に沿って動かし、4人を動かすごとに、犯人役が配置状況を見て「犯行可否の判定」を行ない、捜査役に伝えます。

オペラ座の怪人:犯行可否の判定

もし犯人のコマが「1人で部屋に居る(=他人に見られていない)」状態であれば「犯行可能」、そうでなければ「犯行不可能」となります。こうした情報が手に入ることによって、部屋に1人でいる容疑者たちの誰かが犯人であり、それ以外の「部屋に複数人で居る」容疑者たちは「犯人ではない」といったことが判ります。捜査役は、これによって犯人を特定していくのです。

また、この判定後に、ボード下、恐怖ゲージ上の女性歌手タイルが、犯人の可能性がまだある容疑者の人数分だけマス目を進みます。最後まで到達すると犯人が勝利してしまいますので、捜査役としてはそれまでに1人に絞り込まなければなりません。
お互いに、誰をどの部屋に動かすと誰が特定されることになるか、結果を予想しながら動かす容疑者を選んでいきます。

さらに、容疑者8人それぞれに、移動に付随して〈隣接部屋から人を集める〉〈場所を入れ替える〉〈秘密の通路を使える〉〈通路に鍵をかける〉といった特殊な能力が備わっています。これらの効能も考えた上で人を選ぶ必要があります。

こうしてゲームを続けていき、犯人を1人に特定できたら捜査役の勝ち、特定される前に女性歌手を追い出すことができたら犯人役の勝ちです。

ここがオススメ: クリスティーヌやその恋人ラウル子爵など、映画やミュージカルで有名な「オペラ座の怪人」の世界観や登場人物をそのままに、完璧だと思える計画を立てたり、実はそこに抜け穴があってピンチに陥ったりするような絶妙な推理ドラマが生まれます。じっくり考える大人向けとしてかなりおすすめのゲームです。犯人と捜査役の2人専用ゲーム『ミスター・ジャック』シリーズの最高傑作といえるでしょう。
雰囲気を盛り上げる、大きく分厚いイラストカードも魅力です。2人専用ではありますが、1人分を複数人で相談しながら遊んでも楽しめます。

店内でサンプルをご覧いただけます。

補足訂正書付き 日本語訳ルールに細かな誤りや解り辛い表記が見られるため、当店製の補足訂正書をお付けしています。

[ボタン:これを取り扱いリストで確認/購入]

関連記事

  1. 2014/02/04(火) 16:59:24|
  2. ボードゲーム紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
  5. | 印刷用の体裁

コメント

(補足訂正付)について

「~完璧だと思える計画を立てたり、
 実は抜け穴があってピンチに陥ったりするような絶妙な推理ドラマが~」

まさにこれが醍醐味だと思います。
動かし方が何通りもあり、
最終局面で相手も気づいていない一手を見出した時に
面白さと、奥の深さを感じますね。
個人的には、推理ゲームというか、将棋のようなイメージです。

ところで、こちらの商品に「補足説明書」とありますが、
何か既存のルールでは間違いや、説明省略があったということでしょうか。
  1. 2014/04/27(日) 11:54:00 |
  2. URL |
  3. おねぎ #QvVp5KIY
  4. [ 編集]

Re: (補足訂正付)について

おねぎさん

面白さの解説ありがとうございます。
既存のルールというよりは輸入代理店さんの日本語訳に誤りと解り辛いところを補っています。
記事内に補足説明書について説明がなかったので追記しておきました。
ご指摘ありがとうございました。
  1. 2014/04/28(月) 21:28:28 |
  2. URL |
  3. すごろくや店主 #Qi8cNrCA
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sgrk.blog53.fc2.com/tb.php/2787-1d8f15bf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)