高円寺0分すごろくや

東京 高円寺駅前のボードゲーム店「すごろくや」のブログ。

お知らせ

ゲーム紹介:ブループリント / Blueprints

設計図に沿いサイコロ積んで建築
ブループリント / Blueprints
メーカー: Z-man (ズィーマン, カナダ), 発行年: 2013年
作者: Yves Tourigny (イヴ・トゥリニー)
12才~大人, 2~4人用, 所要30分, ルール難度:★★ (2)

ブループリント:箱

『ブループリント』は、各自の設計図(青写真)の形状になるべく沿って、より得点が高まるようにサイコロを積み上げるため、出目や隣接関係などを鑑みて4種類のサイコロを場から選抜していくゲームです。

ブループリント:展示用写真

1人ずつ代わりばんこに、自分の手元に隠してある設計図の土台に沿ってサイコロを積み上げるべく、中央の場に並んでいるサイコロ候補から1個を選んでは取り、場にはその都度ランダムで補充されていきます。

各自が全6個を積み上げるとそこで得点が決まります。〈設計図通りに作れたか〉も得点要素ですが、サイコロ4色のそれぞれに設定された〈高さで得点〉〈隣接個数で得点〉〈総数で得点〉〈出目が得点〉の方がはるかに高得点なため、設計図の形状には囚われずに、1〜2色に特化して方針がブレないように建築を行なわなければなりません。

また、もし積み上げるならば、足場の出目数以上のサイコロしか置けません。先に⚄(5)や⚅(6)といったサイコロを置いてしまうと、以降に積み上げられる候補が激減してしまうのです。

これらを踏まえて場から1個を選ばなければなりません。その次に選ぶライバルのこともあり、あえて不要なサイコロを選んで後続を邪魔するか否か、といったことにも頭を悩ませられます。

こうして〈サイコロ6個の建築〉を行なっては得点清算を繰り返していきますが、実は、こうした〈サイコロ6個建築〉での得点は、その都度の順位に応じた勝利点割り振りにしか使われません。毎回、その回の得点順位ごとに勝利点が割り振られるだけなので、ある回にどんなに高得点を取ったとしても、〈1位〉以上の意味はないのです。

このため、そこそこの得点順位をキープしつつ、勝利点そのものが稼げる〈形状ボーナス〉も狙っていく必要があります。〈同色5個〉〈5段積み〉〈⚀(1)〜⚅(6)全部〉など、難易度は高いものの、勝利点は得点順位に匹敵します。
これを考えるとさらに場のサイコロ選びが悩ましくなるでしょう。

こうしてゲームを続けていき、〈サイコロ6個建築〉→〈順位と形状で勝利点獲得〉を4回繰り返したらゲーム終了。勝利点がもっとも高い人が勝ちです。

ここがオススメ: 設計図通りにサイコロを積み上げるゲームかと思いきや、実は順位やボーナス争いのためのシビアな損得勘定が楽しい硬派なゲームです。比較的短時間で遊べる、じっくり考えるのを好む大人向けとしておすすめです。

店内でサンプルをご覧いただけます。

[ボタン:これを取り扱いリストで確認/購入]

関連記事

  1. 2014/02/08(土) 22:32:54|
  2. ボードゲーム紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | 印刷用の体裁

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sgrk.blog53.fc2.com/tb.php/2793-6e15f516
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)