高円寺0分すごろくや

東京 高円寺駅前のボードゲーム店「すごろくや」のブログ。

お知らせ

ゲーム紹介:フォレロッテ / Tutto (Volle Lotte)

カード獲得狙いダイス6個で勝負
フォレロッテ / Tutto (Volle Lotte)
メーカー: Abacus Spiele (アバクス, ドイツ), 発行年: 2012年 (原版1981年アメリカ)
作者: 不明
8才~大人, 2~10人用, 所要30分, ルール難度:★☆ (1.5)

フォレロッテ:箱

『フォレロッテ』は、サイコロ6個を一度に振った中から得点要素を選び出しては残りを振り直し、〈6個すべて使い切り〉による連チャンとボーナスによって得点を稼ぎまくれる〈ツキの波〉を見極めるギャンブル風のゲームです。

フォレロッテ:展示用写真

1人ずつ代わりばんこに、サイコロ6個を一度にザッ!と振っては、その中から、〈3個同じ目〉や〈(1)や(5)が1個〉など、出目の組み合わせによる+50〜+1000点の得点要素を拾って累計得点を稼いでいきます。

得点として選んだサイコロは除けておき、さらに残りを振って挑戦できます。このため、得点要素のいくつかを残りの分に回すことも大切です。
とはいえ、もし振った結果に得点要素が見当たらなければ、今回獲得した得点はすべてご破算になってしまいます。 これを避けるため、ご破算になる前に「もう止める」と決断すれば、今回得た得点を獲得できます。

個数が減りながら挑戦するわけですから、早めに止めた方が良さそうです。しかし、振り直しを繰り返して、もし6個すべてを得点要素として選ぶことができたなら、〈フォレロッテ〉と呼ばれる連チャンが発生し、今回の得点はそのままに、また6個の状態から振れるのです。
度胸を見せて、多少でも〈フォレロッテ〉の気配があれば、たまの失敗はものともせずに挑戦する人もいるでしょうし、少しの稼ぎで止めてちまちまと稼ぐ人もいるでしょう。実際、ちまちまと堅実に稼ぐ方が効率が良かったりします。

しかし、〈フォレロッテ〉には連チャンに加えてさらに強力な魅力があります。毎回カードで特別なボーナスが示され、〈フォレロッテ〉にできれば〈高得点〉や〈倍付け〉〈人から1000点奪える〉などの特典が期待できるのです。
このぶらさげられた人参につられて、ついつい〈フォレロッテ〉を狙いたくなってしまいます。実際、6回に一度くらいは〈フォレロッテ〉が出ます。期待せずにはいられません。

もし〈フォレロッテ〉を達成できれば、さらに新しいカードをめくることで、2度目、3度目の〈フォレロッテ〉ボーナスを得られるかもしれません。しかし中には〈いきなり終わり(=ご破算)〉などという恐ろしいカードもあるのです。
難関をくぐり抜けて気持ちが高ぶる中、ツキの流れを読んで冷静にならなければなりません。

こうしてゲームを続けていき、先に累計6000点に達した人が勝ちです。

ここがオススメ: 提示されるボーナスカードの旨みと、うまくサイコロを選べば〈フォレロッテ〉が狙えそうな気がする絶妙のさじ加減で、偶然の連続で高揚と緊張が得られたり、ありえないような失敗が起こって呆然としたりと、まるで奇跡が起こったかのようなドラマが盛り上がります。子供から大人まで手軽に遊べる、「運が楽しい」タイプの超おすすめゲームです。
累計得点を数える用具が必要です。紙やペンでもいいですが、チップがあると雰囲気が高まってなお良いでしょう。

店内でサンプルをご覧いただけます。

[ボタン:これを取り扱いリストで確認/購入]

関連記事

  1. 2014/03/31(月) 11:43:51|
  2. ボードゲーム紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | 印刷用の体裁

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sgrk.blog53.fc2.com/tb.php/2839-fe5e8daf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)