高円寺0分すごろくや

東京 高円寺駅前のボードゲーム店「すごろくや」のブログ。

お知らせ

ゲーム紹介:ワンニャオブー / Oink!

動物札の重なりを判断し早く鳴く
ワンニャオブー / Oink!
メーカー: Abacus (アバクス, ドイツ), 発行年: 2014年
作者: Inon Kohn (イノン・コーン, 代表作:『チャーリー』などブタさんゲーム多数)
6才~大人, 2~6人用, 所要15分, ルール難度:★☆ (1.5)

ワンニャオブー:箱

『ワンニャオブー』は、各自の山札から1枚ずつ場に重ねられる動物カードの〈重なり状況〉に素早く反応し、中央に手を重ねつつ、間違えておサルのウッキッキをさせられないように、正しい鳴き真似をしてカードをより多く集めるゲームです。

ワンニャオブー:展示用写真

1人ずつ代わりばんこに、自分の山札から、動物6種類と数値がランダムに現れるカードを1枚ずつめくっては中央の場に重ねていきます。
このとき、次の3条件のどれかが揃ったかどうかを素早く判断しなければなりません。

  • 直近2枚が同じ動物?
  • 直近2枚の合計値がちょうど7?
  • とにかく今出したのはブタさん?

条件が揃った!と思ったら、素早く場のカードの上に手を重ね、条件に応じた鳴き真似や「ブー!」を叫びます。
より早く、手を置きつつ正しい鳴き真似をした人が、今回重ねられたカード群を1枚1点の得点として受け取ります(山札とは別です)。

もし間違えてしまった人は、おサルのポーズをして照れながら「ウッキャッキャッ!」と言わなければなりません。この恥ずかしさがペナルティです。

こうしてまた場が真っ新な状態からカードを出して重ねて…、とゲームを続けていき、誰かの山札が尽きたのをきっかけにゲーム終了。得点カードをより多く集めた人が勝ちです。

ここがオススメ: 素早く判断しようと心掛けはするものの、3つの条件とカード構成が絶妙なため、常にどれか1つを忘れていたり、間違えておサルの真似をさせられてしまうのが面白可笑しいゲームです。「あぁもう!」ともどかしくなることでしょう。手軽に遊べる、子どもから大人まで幅広い年齢層向けとしておすすめします。

店内でサンプルをご覧いただけます。

[ボタン:これを取り扱いリストで確認/購入]

関連記事

  1. 2014/07/06(日) 22:26:39|
  2. ボードゲーム紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | 印刷用の体裁

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sgrk.blog53.fc2.com/tb.php/2942-c60f662d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)