高円寺0分すごろくや

東京 高円寺駅前のボードゲーム店「すごろくや」のブログ。

お知らせ

ゲーム紹介:ピック・ア・アザラシ / Pick-a-Seal

全員一斉に僅差の海豹札を早集め
ピック・ア・アザラシ / Pick-a-Polar Bear
メーカー: Jolly Thinkers (香港), 発行年: 2014年
作者: Torsten Landsvogt (トルシュテン・ランズフォークト, 代表作:『ピック・ア・ピッグ』 )
8才~大人, 1~5人用, 所要15分, ルール難度:★ (1)

ピック・ア・アザラシ:箱

『ピック・ア・アザラシ』は、全員いっせいに場のアザラシカードをあさり、直前に集めた絵柄と比べて同じか1要素だけ違う絵柄を連鎖させながら、スピード勝負で集めていくカードゲームです。
『ピック・ア・〜』シリーズ最初の『ピック・ア・ピッグ』とほぼ同内容ですが、『〜ピッグ/ドッグ』と合わせては遊べません。『ピック・ア・シロクマ』とは合わせて遊べます。

ピック・ア・アザラシ:展示用写真

「よーいスタート!」の合図とともに、全員一斉に、場の30枚の1枚1枚と、手元の山の一番上にあるアザラシカードの絵柄とを見比べて、条件に合うものを取っては山に重ねていきます。

カードの絵柄には、基本となるアザラシに、背景色、大きさ、腕の数、缶詰の有無、ゴーグルの有無の5つの要素の組み合わせでさまざまなものが存在します。カードを取れる条件は、最後に取ったカードの絵柄と〈同じ〉か〈1要素だけ違う〉ものだけです。同じ絵柄はほとんどありませんので、主に1要素だけ違うものを探すことになります。
この〈違い〉をどんどん連鎖させていくのがこのゲームの特徴で、写真手前の例だと、左から右へ〈大きくなった〉→〈ゴーグルを外した〉→〈背景が秋になった〉→〈缶詰を持った〉、という順番で取ったことを表しています。

全員スピード勝負でわーっと集めていき、誰かがもう取れるものがないと思ったらストップ!の合図をかけて全員止め。検証に移ります。
もし、連鎖のどこかで「要素が2つ違う」などのミスをしていると、今回は非情にも0点です。もしすべてがつながっていれば、その枚数分だけ得点です。

そしてまた30枚を用意して…、とゲームを続けていき、山札が尽きたらゲーム終了。最高得点の人が勝ちです。

連鎖の可能性をできるだけ延ばすように考えて取っていく1人用のルールもあり、姉妹品の『ピック・ア・シロクマ』を合わせると8人まで遊べます。

ここがオススメ: 簡単なルールで誰でもすぐに遊べて、「これは取れる…いや違う」「ちょっとそれ取らないで!」など、わあわあと楽しく盛り上がるゲームです。 瞬間的な判断だけかと思いきや、より多く取れるように先々を見据えて絵柄を選んだり、早く終わらせる方を選んだ方がよかったりと、考える要素もあります。子どもから大人まで手軽に楽しめる、かなりおすすめのゲームです。
初めて遊ぶときには、〈全員一斉に早取り〉ではなく、1人ずつ代わりばんこに場をよく見て1枚ずつ取っていき、誰も取れなくなったらラウンド終了、とするのがおすすめです。

店内でサンプルをご覧いただけます。

[ボタン:これを取り扱いリストで確認/購入]

関連記事

  1. 2014/07/17(木) 20:30:19|
  2. ボードゲーム紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | 印刷用の体裁

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sgrk.blog53.fc2.com/tb.php/2955-d2d7f300
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)