高円寺0分すごろくや

東京 高円寺駅前のボードゲーム店「すごろくや」のブログ。

お知らせ

ゲーム紹介:パンデミック拡張セット:迫りくる危機 / Pandemic: On the Brink

5人対応+新種菌+職業追加+破滅者
パンデミック拡張セット:迫りくる危機 / Pandemic: On the Brink
メーカー: Z-man Games (ズィーマンゲームズ, カナダ), 発行年: 2013年
国内版発売元: ホビージャパン, 国内版発行年: 2014年
作者: Matt Leacock (マット・リーコック) & Thomas Lehmann (トーマス・レーマン)
8才~大人, 2~5人用, 所要45分, ルール難度:★★ (2, 追加分として)

パンデミック拡張セット:迫りくる危機:箱

『パンデミック拡張セット:迫りくる危機』は、連携を駆使して世界の病原感染を断つ、人気の協力型ボードゲーム『パンデミック』に加えて遊ぶことで、〈猛毒病原体〉〈5番目の病原体〉〈病原体をばら撒く悪役〉の3要素を選択式に楽しめる拡張セットです。
2013年発行の『パンデミック』新版(副邦題「新たなる試練」)専用の拡張セットです。ルール内容は旧版用の拡張セット『絶対絶命』とほぼ同じものです。

パンデミック拡張セット:迫りくる危機:展示用写真

人類を絶体絶命の危機に陥れる選択式の挑戦ルールが3つ追加されます。

  • 病原体の1つが猛毒性の病原体に変異する「猛毒株」
  • 第5の病原体が発見される「変異種発見」
  • 誰か1人が人類の敵となり、世界各地に新種の病原体をばら撒く「バイオ・テロリスト」

他にも、5人で遊べるルールや、最高難易度ルール、追加の7つの役割と8枚のイベントカード、病原体コマを収納できるペトリ皿などが入っています。

ここがオススメ: 新たな脅威の登場によってふたたび新鮮な気持ちで挑戦でき、楽しい失敗話と再挑戦の醍醐味が味わえます。オリジナルの『パンデミック』をやり込んだ人向けとしておすすめのゲームです。

店内でサンプルをご覧いただけます。

[ボタン:これを取り扱いリストで確認/購入]

関連記事

  1. 2014/08/01(金) 13:15:13|
  2. ボードゲーム紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
  5. | 印刷用の体裁

コメント

拡張版を買って、パンデミックの基本版(新版)の初期版(コマの一部が木製のもの)と合わせたのですが、基本版と拡張版のカードの裏の印刷の濃さが異なっていました。初期版以降の基本版でもそのようなことがあるのでしょうか?

また、プレイ上のルールについて質問なのですが現地調査員は病原体のサンプルを6個集め都市カード4枚分の代わりにすることができますか?
  1. 2014/09/18(木) 11:56:05 |
  2. URL |
  3. OG #-
  4. [ 編集]

OGさん
 カードの印刷の濃さに若干の違いはあるようです。こちらではどうしようもないのが現状です。申し訳ございません。

 現地調査員は同じサンプル3個と都市カード3枚で治療薬を発見できると理解しています。ホビージャパンさんの方に問い合わせていただけると詳しくわかるかもしれません。

 よろしくお願いします。
  1. 2014/09/19(金) 20:33:59 |
  2. URL |
  3. すごろくやスタッフ #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sgrk.blog53.fc2.com/tb.php/2974-86e2f4b6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)