高円寺0分すごろくや

東京 高円寺駅前のボードゲーム店「すごろくや」のブログ。

お知らせ

ゲーム紹介:姫騎士逃ゲテ〜

札回しで察して連携し姫を捕える
姫騎士逃ゲテ〜  / Princess Knight, run away?
制作団体: 数寄ゲームズ (すきゲームズ, 日本), 発行年: 2014年
作者: 円卓P
取捨選択して 10才~大人, 4人専用, 所要20分, ルール難度:★★ (2)

姫騎士逃ゲテ〜:箱

『姫騎士逃ゲテ〜』は、円形に並んだキャラクターカード8枚の隣接関係を見つつ、姫騎士を捕まえようとする〈オーク(怪物)側3人〉と、逃げきろうとする〈姫騎士役1人〉とで、配られた効能カードによる連携を考えて、手札を隣へと回しながら取捨選択して備えるゲームです。

姫騎士逃ゲテ〜:展示用写真

4人限定のゲームです。1人だけが姫騎士を無事に逃がそうとする〈姫騎士〉役で、他3人は姫騎士を捕まえようとするオーク(豚似の怪物)役です。

姫騎士逃ゲテ〜:カードの輪っか

姫騎士、ナイト(騎士)、ザコオーク、ボスオークの4種類のキャラクターカード8枚が、場に円形にランダムで並べられます。これを初期配置として、各自が選んだ効能カードを1枚ずつ使っていくと、場の円形のカード配置が交換されたり、両隣がオークのときに限り姫騎士が牢屋(中央)に送られたり、牢屋から復活したりします。
全員が1枚ずつ効能カードを使い終えたとき、姫騎士が牢屋にいるなら、捕まえたとしてオーク陣営の勝ち。そうでないなら、逃げきったとして姫騎士の勝ちです。

このため、双方、自分の側が勝てるように、円形のキャラクター構成と、あらかじめ配られた2枚の効能カードをよく見て、その効能カードを1枚、隣の人へと回しながら取捨選択していきます。

効能カードは、記された番号に応じた順番で使われることになります。何番目にそれが使われると、場の状況がどのようになっていて、はたして効果的に使われるかどうか、を考えていく必要があります。
効能カードといっても、全部でたった9枚しかありません。また、回すときに情報共有になるようなことは喋ってはいけません。すべての効能を知れば知るほど、隣の人に回すカード内容によって、無言で「なぜこれを回すのか分かってほしい」という意図が込められていきます。

こうして〈全員で、手札2枚のうち隣の人に1枚回す〉を2度だけ行なった上で、さらに1枚だけに絞ったら、すぐに本番です。番号で呼ばれた効能カードが順番に実行されていきながら、最後に勝つのはどちらでしょうか…?

ここがオススメ: 短時間で、9種類の効能と各自の思惑が絡み合ったドラマを楽しめるゲームです。オークチームが勝てば、その3人で連携をうまく取れたことがとても嬉しく感じられますし、姫騎士が勝てば、いつ捕まるかという緊張感の中、してやったりと大喜びできるでしょう。手軽な、理詰めでじっくり考えるのを好む大人向けとしてとてもおすすめです。

店内でサンプルをご覧いただけます。

[ボタン:これを取り扱いリストで確認/購入]

関連記事

  1. 2015/02/13(金) 19:42:14|
  2. ボードゲーム紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | 印刷用の体裁

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sgrk.blog53.fc2.com/tb.php/3144-fcea013e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)