高円寺0分すごろくや

東京 高円寺駅前のボードゲーム店「すごろくや」のブログ。

お知らせ

ゲーム紹介:まいごねこ

照会情報頼りに道路網で猫を導く
まいごねこ
発行元: ばねゲー部(仮) (日本), 発行年: 2015年
ゲーム設計: 有泉 誠浩, イラスト/デザイン: ナカタヨウコ,
10才~大人, 3~4人用, 所要30分, ルール難度:★★ (2)

まいごねこ:箱

『まいごねこ』は、各自、迷子になったネコとして、カードを使って道路網をさまよいながら、あちこちの家々に立ち寄っては〈自分のおうちの特徴の断片〉を思い出して、いち早くおうちにたどりつくゲームです。

まいごねこ:近影

各自、いったいここがどこだか判らなくなって迷子になってしまったネコです。各自、自分の もふもふ付きのコマを四隅からスタートさせ、〈おうちの3つの特徴〉を探りながら道路網を進めていきましょう。

まいごねこ:展示用写真

1人ずつ代わりばんこに、手札のカードを使って道路網のマス目を進めていきます。写真ではかなり道路網が開かれていますが、道路網のタイルは元々裏向きでランダムに配置されていますので、新たなタイルに進入しては、どんな道・家があるのかを探っていきましょう。

あちこちにある家にたどり着くことで、自分のおうちの3つの要素、〈形〉や〈色〉〈庭のもの〉の1つや、〈ここはまったく該当しない〉を思い出したりします。この3つの要素の絞り込みによって、いち早く自分の本当のおうちを目指しましょう。

また、ネコの移動に必要な手札のカードを補充する際、〈いぬ〉や〈カラス〉〈ねこ集会〉などのさまざまなアクシデントや、〈ぬけみち〉〈トラック〉などのラッキーも発生します。カードをうまく使って切り抜けたり、ライバルを出し抜いたりしていきましょう。

こうしてゲームを続けていき、いち早く自分の本当のおうちを特定してたどり着けた人が勝ちです。
道路網タイルは少しずらしても繋がるようになっているため、応用として、縦横比を変えたり、互い違いに並べたりしてアレンジできるようになっています。

ここがオススメ: 見知らぬ町に放り出されたネコとして、新たな道を開拓しつつ〈本当のおうち〉を推理して予想したり、当てが外れたり、ややリードしているライバルを邪魔したりするのが楽しいゲームです。子供は少しじっくりと、大人は気軽にと、幅広い年齢層の猫好きにおすすめです。

まいごねこ+1人拡張セット:内容物

+1人分拡張セット: 『まいごねこ』に追加することで遊ぶ人数を増やせます。最大6人まで。追加アクションカード6枚、追加エリアタイル4枚、でぶねコマ1個が入っています。
この「でぶねコマ」は柄が4種類あります。柄をご指定いただくことはできませんが、2個同時にお買い求めの場合には異なる柄を同封します。また、すでに1個をお持ちの方は、現在お持ちの柄を購入時にお申し出ください。

店内でサンプルをご覧いただけます。

[ボタン:これを取り扱いリストで確認/購入]

関連記事

  1. 2015/06/18(木) 18:21:24|
  2. ボードゲーム紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | 印刷用の体裁

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sgrk.blog53.fc2.com/tb.php/3255-90689c69
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)