高円寺0分すごろくや

東京 高円寺駅前のボードゲーム店「すごろくや」のブログ。

お知らせ

ゲーム紹介:黒羊と白羊 / Black Sheep and White Sheep

羊2種5匹を重ねつつ進め橋を渡る
黒羊と白羊 / Black Sheep and White Sheep
メーカー: MO ZI Game(モジゲームズ, 台湾), 発行年: 2014年
作者: 林傑森 (リン・チイセン)
5才~大人, 2~4人用, 所要15分, ルール難度:★☆ (1.5)

黒羊と白羊:箱

『黒羊と白羊』は、吊り橋の端にいる自分の羊チップが、相手側の端にすべて渡れるように、羊同士がチップの背景色で互い違いに積み重なることを利用して、 一度に何匹かで前に進んだり、ライバルのを退けたりするゲームです。

黒羊と白羊:展示用写真(2人用)

黒羊か白羊を担当し、それぞれ吊り橋の両端からスタートします。ゴールは相手のスタート地点です。
各自の羊の色は黒か白と決まっていますが、チップの背景色が、ランダムでベージュと緑のどちらかになっています。

1人ずつ代わりばんこに、自分の羊をどれか1匹選んでは、前に1歩分進めていきます。
もし、進もうとする場所にすでに羊が居るとき、その羊同士の背景色が異なっているなら、上に積み重ねます。かたや、もし羊同士の背景色が同じなら、飛び越えてその先の空きマスか背景違いの羊の上に進められます。

積み重なった羊の山は、もし下の羊が動ければ、上に乗っている羊を全員連れて進みます。自分が進めるにあたって、自分の羊が上に乗っていれば、一度に複数を進められる、というわけです。
ところが、ライバルが進めるときには相手はこちらに進めようとしているため、そこにもし自分の羊が上に乗っていると押し戻されしまうことになります。さらに〈同背景色の飛び越え〉が発生したりすれば、とんでもなく戻されてしまうかもしれません。

こうして、進んで・飛び越えて・重なって・押し戻されて、を繰り返しながら、少しずつ進んでは1匹また1匹とゴールに辿り着いていき、いち早くすべての羊をゴールに導けたほうが勝ちです。

3〜4人で遊ぶときには、中央の島を介して、1ヶ所のゴールにより多くの羊を導くことを競います。
実はボードはパズルのようなピースで構成されていて、うまく組み替えると2人用になったり3〜4人用になったりします。

黒羊と白羊:展示用写真(3〜4人用)

ここがオススメ: かわいい羊のイラストとは裏腹に、理詰めで先々まで考えて より良い手を探っていきながら、一気に数歩分を進めたり、相手のを押し戻したりするのが楽しいゲームです。ルールは簡単ですので、子供から大人まで、短時間でじっくり遊ぶゲームとしておすすめです。

店内でサンプルをご覧いただけます。

[ボタン:これを取り扱いリストで確認/購入]

関連記事

  1. 2015/06/25(木) 21:25:08|
  2. ボードゲーム紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | 印刷用の体裁

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sgrk.blog53.fc2.com/tb.php/3262-643a21e8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)