高円寺0分すごろくや

東京 高円寺駅前のボードゲーム店「すごろくや」のブログ。

お知らせ

ゲーム紹介:ホンノウジ / HONNOJI

行動札の接続で盤面の名宝を争奪
ホンノウジ / HONNOJI
発行元: シンガリハット (日本), 発行年: 2014年
作者: のりすけ
10才~大人, 3~5人用, 所要30分, ルール難度:★★ (2)

ホンノウジ:箱

『ホンノウジ』は、本能寺を表した環状5マスで名宝をより多く集めるため、各自の行動を予測し、手持ちのタイルを、循環を考えつつも手元で組み合わせて様々な行動を仕込むゲームです。

ホンノウジ:展示用写真

本能寺の中が環状の5マスで構成されています。全6回の毎ラウンド、茶器や掛け軸などの名物や武器、光秀や蘭丸などの助力を得られる人物、火の手などがタイルでそれらのマスにランダムで配られます。

各自、自分の色コマがいるマスやライバルがいるマス、名宝や火の手が置かれたマスの状況をよく見た上で、留まるか左右隣に移るかの〈移動と拾得〉や、自分を中心に3マスのどこかへ攻撃する〈斬り付け〉、前回使用済みとなったタイルを回収する〈回復〉などを、手持ちのタイルを縦横に組み合わせてレイアウトします。このレイアウトがこのゲームの醍醐味です。

ホンノウジ:タイルのレイアウト例

全員レイアウトが決まったら公開し、〈移動〉→〈拾得〉→〈攻撃〉→…と順番にその経過を確認します。
独り占めするはずだった名宝がライバルの同居によって達成しなかったり、うまく何人かを一度に攻撃して彼等の名宝を奪ったり、と、さまざまなことが起こります。移動や攻撃のマークが付いたタイルを手に入れられれば、行動を読まれにくい複雑な立ち回りが可能となります。

レイアウトに使ったタイルは都度〈使用済み〉として使えなくなってしまいますので、次回以降で効率良く〈回復〉して回収する循環も考えなければなりません。

こうしてゲームを続けていき、全6ラウンドでゲーム終了。もっとも獲得した名宝の勝利点合計が高い人が勝ちです。

ここがオススメ: アクションとその対象値をタイルで縦横にレイアウトするという新しいシステムによって、ああでもないこうでもないと新鮮な気持ちで悩みつつも、少しずつタイルの循環も踏まえてレイアウトを考えられるようになっていくのが楽しいゲームです。一度目は練習、タイルの使い方が解ってきた二度目からが本番、と言えるでしょう。じっくり遊ぶ大人向けとしてかなりおすすめのゲームです。

特製衝立付き: ゲームイベントでの販売時には付いていなかった、特製の衝立が人数分付いています。元のルールでは人に見られないようにタイルを裏返しながらレイアウトしていましたが、この衝立があればそういったわずらわしさはなくスムーズに遊べます。

ホンノウジ:衝立

店内でサンプルをご覧いただけます。

[ボタン:これを取り扱いリストで確認/購入]

関連記事

  1. 2015/07/20(月) 15:08:27|
  2. ボードゲーム紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | 印刷用の体裁

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sgrk.blog53.fc2.com/tb.php/3288-c2536f31
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)