高円寺0分すごろくや

東京 高円寺駅前のボードゲーム店「すごろくや」のブログ。

お知らせ

ゲーム紹介:お宝つめホーダイ / Schatz-Rabatz

多様な宝を制限内に箱に詰め込む
お宝つめホーダイ / Schatz-Rabatz
メーカー: Noris Spiele (ノリスシュピーレ, ドイツ), 発行年: 2015年
作者: Karin Hetling (カリン・ヘトリング)
5才~大人, 2~4人用, 所要15〜20分, ルール難度:★☆ (1.5)

ドイツ 2015年
キッズゲーム大賞 (Kinderspiel des Jahres)
最終候補 (Nominiert)

お宝つめホーダイ:箱

『お宝つめホーダイ』は、自分の宝箱にさまざまな色や形の宝物コマをめいっぱい詰め込み、制限時間後に無作為にいくつか徴収された後で残った宝物コマの個数を競うゲームです。

お宝つめホーダイ:展示用写真

大海賊ラングイバ船長の後継者になるため、各自、お宝をたくさんかき集めてより多く献上しようとします。しかし、お宝が眠る島への行き来には、強欲な船頭、宝石ジャックからの〈渡し賃〉の徴収を覚悟しなければなりません…。

全員いっせいに始め、砂時計での制限時間の間に、中央の場から1つずつお宝コマを選び取っては自分の宝箱に収納していきます。小さなコマに狙いを絞って雑に放り込む人、形状の組み合わせを考えてきっちり納めていく人など、いろいろでしょう。

制限時間後は、まず、宝箱のフタがきっちりとしまるまで中身を放棄させられます。
そして、今回の宝石ジャックの〈徴収〉内容が発表されます。めくられたシートの指示内容を見て、せっかく集めたお宝群の中から、色と形が同じお宝コマを差し出さねばなりません。小さなコマが対象となることが比較的多いため、小さなコマばかり集めていた人はほとんど徴収されてしまうかもしれません。

この徴収後に残ったものが自分のお宝です。全員の中で個数がいちばん多い人が、ご褒美として海賊船のタイル部品をもらえます。

そしてまたすべてのお宝を中央に戻して…とゲームを続けていき、いち早く4種類の部品タイルを集めて海賊船を完成させた人が勝ちです。
小さな子用に制限時間を甘くしたり、上級者向けの〈徴収内容を見ながら詰め込む〉ルールもあります。

ここがオススメ: 上手に大小の形状を組み合わせて詰め込んだり、徴収内容を予想して同一色や同一形状に絞ってみたりする工夫が楽しい、夜店の出し物のようなゲームです。欲張りすぎてフタが閉まらず捨てるはめになったり、せっかくヤマを張って集めたお宝がほとんど徴収されてしまったりと、ドラマが生まれて盛り上がります。すぐに理解できて手軽に盛り上がる、子どもから大人まで幅広い年齢層向けとしてとてもおすすめです。

店内でサンプルをご覧いただけます。

[ボタン:これを取り扱いリストで確認/購入]

関連記事

  1. 2015/08/10(月) 20:04:51|
  2. ボードゲーム紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | 印刷用の体裁

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sgrk.blog53.fc2.com/tb.php/3304-b7426cb6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)