ゲーム紹介:アドベンチャーランド / Abenteuerland

2 Comments
すごろくや

戦士を拡散し剣や敵発生に備える
アドベンチャーランド / Abenteuerland
メーカー: HABA (ハバ, ドイツ), 発行年: 2015年
作者: Wolfgang Kramer (ヴォルフガング・クラマー) & Michael Kiesling (ミヒャエル・キースリング), 2人の代表作『ティカル』『トーレス』)
10才~大人, 2~4人用, 所要45分, ルール難度:★★ (2)

アドベンチャーランド:箱

『アドベンチャーランド』は、自色の戦士たちを、王国の左上から右へか下へだけ進めながら、地形に応じてランダムに発生する剣/薬草/金塊/仲間を集めるべく備えたり、それらで怪物を倒したりしながら、3つのシナリオに応じた冒険得点を競うゲームです。

基本的な仕組みは同一ながら、冒険シナリオによって〈仲間をより集める〉〈戦士団を合体させ敵をより倒す〉〈都市部を占拠する〉と大きくゲーム内容が変わるのが特徴で、たいへん遊び応えがあります。

アドベンチャーランド:展示用写真

ここがオススメ: ドイツのゲーム大賞(Spiel des Jahres)を何度も受賞した2人のコンビによる最新作です。
左上を拠点に右か下にコマを拡散させながらランダム発生する獲得物に備える、という、悩ましくて新しい仕組みのゲーム体験を、3つの冒険によって存分に味わえます。一見すると「それさえやっておけば勝てるのでは…?」という「必勝法」に思えるようなことが、遊ぶたびに「実は違う」と解るような仕掛けが何層にも渡って設けられており、たいへん深みのあるゲームです。じっくり遊ぶ大人向けとして超おすすめです。

HABA社の大人ゲームシリーズ: キッズ向けやファミリー向けのボードゲームを得意としてきたドイツのHABA社が、大人向けのじっくり遊ぶゲームのラインナップを始めました。元々、ボードゲームの開発においてとても優れたプロデュースや編集機関を持っていたHABA社と、著名な大人向けゲーム作家たちがタッグを組むことで、素晴しい名作ゲームが続々と生まれています。

店内でサンプルをご覧いただけます。

[ボタン:これを取り扱いリストで確認/購入]

Twitterでの投稿紹介

[ボタン:これを取り扱いリストで確認/購入]

関連記事
すごろくや
投稿者:すごろくや

コメント 2

まだコメントはありません。
-  

質問失礼します。
こちらは日本語化された品でしょうか?

2015/12/18 (Fri) 00:02 | EDIT | REPLY |   
すごろくやスタッフ  

日本語版ではございません。
英独版に、日本語説明書が添付されています。
よろしくお願いします。

2015/12/18 (Fri) 11:38 | EDIT | REPLY |   

コメントの記入