高円寺0分すごろくや

東京 高円寺駅前のボードゲーム店「すごろくや」のブログ。

お知らせ

ゲーム紹介:モンスターメニュー / Monstermenü

引き札の割り振りでペア作り競う
モンスターメニュー / Monstermenü
メーカー: HABA (ハバ, ドイツ), 発行年: 2015年
作者: Benjamin Schwer (ベンヤミン・シュヴェア, 代表作『リビングストン』)
6才~大人, 2~4人用, 所要10〜15分, ルール難度:★☆ (1.5)

モンスターメニュー:箱

『モンスターメニュー』は、手札で食べ物カードの同種ペアを作ってより多くモンスターに捧げるため、山札から1枚めくる度に、自分/隣人/場札を1回ずつ選ぶ〈受け取る対象の割り振り〉に悩むゲームです。

モンスターメニュー:展示用写真

可愛いモンスター2匹にごちそうを食べさせてあげましょう。甘やかされたこのモンスターたちには、2匹分の食事を同時に差し出さなければなりませんし、一度食べたものはもう受け付けてくれません。

1人ずつ代わりばんこに〈山札の食べ物カードの割り振り×3回〉を行なっていきます。山札から食べ物を1枚をめくるたびに、〈自分の手札〉か〈隣の人の手札〉か〈場の公開札〉のどこか1ヶ所に、しかも必ず各1ヶ所に必ず割り当てなければなりません。

食べ物が同種2枚ペアで揃えば、モンスターに捧げて得点できます。手札だけで揃うと高得点。場札との組み合わせだと低得点です。
もし、めくった1枚目が良かったものだとしても、そこで安易に自分が受け取ってしまうと、後からもっと良いカードが出てきたときに、泣く泣く相手や場札に捧げなければなりません。“後悔”しないように、その都度よく考えて割り振り対象を決めましょう。

また、ときどき、手札に持っていれば得点になる〈ごちそうカード〉が現れます。美味しいのですが、〈手札だけで揃えるペア〉の高得点には及びません。「何枚目に引くか」で悩みどころも変わってくるでしょう。

こうして、割り振り×3回を繰り返しながら、ペアが揃うたびにモンスターたちに献上し、食べ物全12種中、10種目が献上されたらゲーム終了。集計で最高得点の人が勝ちです。

ここがオススメ: 自分がどの食べ物を集めていて、ライバルは何を集めようとしているのかを鑑みた上で、1枚ずつの割り振りに頭を悩ませるのが楽しいゲームです。 絶妙なタイミングで好カードが舞い込んできたり、悩みに悩んで決めたのに次のカードで台無しになったりする喜怒哀楽が盛り上がります。短時間でややじっくり楽しめる大人向けとしてかなりおすすめのゲームです。

店内でサンプルをご覧いただけます。

[ボタン:これを取り扱いリストで確認/購入]

関連記事

  1. 2015/12/15(火) 19:59:31|
  2. ボードゲーム紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | 印刷用の体裁

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sgrk.blog53.fc2.com/tb.php/3408-fbafd87a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)