高円寺0分すごろくや

東京 高円寺駅前のボードゲーム店「すごろくや」のブログ。

お知らせ

ゲーム紹介:マイファーストゲーム・小さな畑 / Meine ersten Spiele Kleiner Garten

協力で畑を世話し作物3種を栽培
マイファーストゲーム・小さな畑 / Meine ersten Spiele Kleiner Garten
メーカー: HABA (ハバ, ドイツ), 発行年: 2015年
作者: Christiane Hüpper (クリスティアーネ・ヒュッパー, 代表作:『シークレットミッション』)
2才~大人, 1~3人用, 所要5分, ルール難度:★ (1)

マイファーストゲーム・小さな畑:箱

『マイファーストゲーム・小さな畑』は、全員で協力して、色サイコロが示した直近の色マスまで庭師を進めながら畑を周回させ、モグラが地中から現れるよりも前に作物3種類を収穫する、2才からできるように設計された、初めてルールを伴って遊ぶのに適したゲームです。

マイファーストゲーム・小さな畑:遊戯中

「初めてのゲーム」と称されたこのシリーズは、次のようなゲームの基本的な動作を、遊びながら身に付けられるようになっています。

  • 人の番のときには手を出さずに集中し、順番を守る。
  • 自分の番になったら、サイコロを投げないように振る。
  • サイコロで出た色や印を認識し、それと対応するマスやコマを見つけて動かす。
  • 取ったものを「自分のもの」として、触らずに手元に置いておく。

この『小さな畑』では、庭師ガブリエルさんの畑での栽培をお手伝いします。
1人ずつ代わりばんこに色サイコロを振り、示された色と同じ直近のマスまでガブリエルさんを進めます。

もし、進めたマスにモグラが描かれていなければ、うまく畑の世話ができたことになり、イチゴ・ニンジン・チューリップのどれかの育成段階タイルを選んで畑に重ねます。
この育成段階タイルの重なりによって、それぞれの作物が3段階で育っていくのです。

でも、もし進めたマスにモグラが描かれていたなら、今回は作物は育たず、モグラのモリーが中央から少しずつ顔を出そうとします。“土の盛り上がり”を表現するタイルを中央に重ねていきましょう。

こうしてゲームを続けていき、3種類の作物がすべて収穫段階に達したら全員の勝ち。その前に、中央の土が盛り上がった上にモグラのモリーが現れたら、全員の負けです。
収穫段階に達したらその作物のコマをもらう競争ルールもあります。

ここがオススメ: 順番を守る・集中するなど、ゲームを遊ぶ上での基本的な要素が体験できて、「誰かが負ける」のではなく、全員で協力してがんばろうという名目でモグラとの接戦にドキドキできるゲームです。 木のおもちゃの老舗メーカー製だけに、小物がたいへん可愛らしく、コマやサイコロのサイズも、ちょうど2歳児の手に合うように設計されています。説明書にはご両親との対話の中で遊べるように、とても丁寧に様々なアドバイスが掲載されています。
この「マイファーストゲーム」シリーズの中でも完成度がとても高く、幼児向けの「初めてのゲーム」として、かなりおすすめのゲームです。
プレゼントとしてもとても喜ばれるでしょう。

店内でサンプルをご覧いただけます。

[ボタン:これを取り扱いリストで確認/購入]

関連記事

  1. 2015/12/19(土) 21:02:05|
  2. ボードゲーム紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | 印刷用の体裁

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sgrk.blog53.fc2.com/tb.php/3414-8903027a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)