高円寺0分すごろくや

東京 高円寺駅前のボードゲーム店「すごろくや」のブログ。

お知らせ

ゲーム紹介:ムー・オカルトかるた:UFO・エイリアン編

本誌公認、謎と不思議札の早取り
ムー・オカルトかるた:UFO・エイリアン編
メーカー: PLENLUNO (プレンルーノ, 日本), 発行年: 2015年
作者: 望月 哲史
12才~大人, 2~10人用, 所要20分, ルール難度:★☆ (1.5)

ムー・オカルトかるたUFO編:箱

『ムー・オカルトかるた:UFO・エイリアン編』は、人気の月刊オカルト情報誌『ムー』公認として、UFO・エイリアンにまつわるネタを題材に、写真だけで判断して取る、新感覚のかるたゲームです。

ムー・オカルトかるたUFO編:展示用写真

過去に本誌で実際に使われた、普通の人はほとんど知らないようなものばかりの未確認飛行物体や地球外生命体にまつわるオカルトネタがかるたになりました。

基本は普通のかるた遊びのように遊びます。特徴は、場に散らばっている、かるたの絵札に相当するカード群に、写真だけで文字が書かれていないことです。
これにより、読み手が読み札を読んだとしても、その元ネタを知らないかぎり正解カードを特定できません。このため、最初に遊ぶときには「たぶんこれのことを言っているのでは?」の読みを効かせて、各自があちこちの「それっぽい」カードを取りにいくのです。

カードの裏面には答えが書いてあり、正解が判ります。また、そのネタの解説も掲載されているため、少しずつオカルトネタに通じていくことでしょう。
また、誰も正解できず、結局どれが正解だか判らないまま、ということも多々起こります。このため、後半になって読み札が少なくなっても、場のカードがたくさんある、という状態になるのも普通のかるたとは違うところです。

こうして一度遊んでから二度目、三度目を遊ぶことで、次第に通常のかるたのような早取り勝負になっていくことでしょう。

また、特殊な役職カードと陣営カードを加えた上級ルールでより複雑に遊ぶこともできます。

ここがオススメ: 秘かな愛好家が意外に多いムー誌のおもしろオカルトネタが満載で、面白がれるメンバーと遊ぶと「あー…そんなのあったなあ!」と独特の盛り上がりを見せます。手軽に遊べる、子供から大人まで幅広い年齢層向けとしておすすめのゲームです。

店内でサンプルをご覧いただけます。

[ボタン:これを取り扱いリストで確認/購入]

関連記事

  1. 2016/02/05(金) 02:03:38|
  2. ボードゲーム紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | 印刷用の体裁

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sgrk.blog53.fc2.com/tb.php/3461-765f0245
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)