FC2ブログ

ゲーム紹介:パクッとプリッと

0 Comments
すごろくや

うんちに変わる動物の好物合わせ
パクッとプリッと
メーカー: さかしんすがの (日本), 発行年: 2016年
作者: さかしん
5才~大人, 2~5人用, 所要20分, ルール難度:★ (1)

パクッとプリッと(2018年版):箱

『パクッとプリッと』は、1人1枚ずつ場に散乱するカードをめくっては、お題動物の好物を探して、見つかって獲得するたびにその動物の〈うんち〉に交換することで、次第に場がうんちだらけになる、動物の排泄うんちくが学べる絵合わせメモリーゲームです。

パクッとプリッと:展示用写真

毎回、お題としてランダムにめくられたカードの動物の好物を探します。 1人ずつ代わりばんこに、場に散乱したカードを1枚めくっては、〈小魚〉や〈笹〉など、動物の食べ物を確認し、探しているものとは違うのであればまた伏せて次の人の番、を繰り返していきます。

もしめくった食べ物がお題動物の好物なら成功です。その食べ物カードを得点として貰い、代わりにその動物ならではの〈うんち〉カードを伏せてその場に置きます。
このうんちカードには、その動物のうんちの特徴が書かれています。例えばペンギンのは「ぴゅっととび出すうんち」であるなど、大人でも知らないような内容が多く、「へぇ〜、そうなんだ!」と感心することでしょう。

また次のお題動物をめくって…、とゲームを続けていくと、場のカードがうんちだらけになります。うろ覚えでうんちめくりが多発していくでしょう。

こうして続けていき、すべてのお題動物が出尽くしたらゲーム終了。成功した回数がいちばん多い人が勝ちです。

ここがオススメ: シンプルな絵合わせメモリーをベースに、うんちという題材によって子どもが「ぎゃはは」と喜ぶゲームです。楽しまれながら、動物の排泄物に対する知識が得られることで、ただ汚いものではなく「排泄物も動物の一部」という知育的な意識向上が期待できる点もポイントです。
手軽に子どもも楽しめるゲームとしておすすめします。

店内でサンプルをご覧いただけます。

[ボタン:これを取り扱いリストで確認/購入]
関連記事
すごろくや
投稿者:すごろくや

コメント 0

まだコメントはありません。

コメントの記入