高円寺0分すごろくや

東京 高円寺駅前のボードゲーム店「すごろくや」のブログ。

お知らせ

ゲーム紹介:カラートピア / Colortopia

原色混色の両面札6枚で色列再現
カラートピア / Colortopia
メーカー: Poki Design (ポキデザイン, 台湾), 発行年: 2017年
作者: Poki Chen (ポキ・チェン)
6才~大人, 2~5人用, 所要20分, ルール難度:★☆ (1.5)

カラートピア:箱

『カラートピア』は、表裏で混色/補色関係にある赤青黄や緑橙紫の6枚カードを、各自が引っくり返したり並べ替えたりしながら、毎回提示される色の組み合わせお題をより早く再現することで、赤青黄のチップをバランスよく集めるゲームです。

カラートピア:展示用写真

トーテムポールを模して、さまざまな色の組み合わせが両面に描かれているたくさんのお題カードが用意されています。
毎回、それらのうち1枚がランダムで中央の場に提示されたら、全員いっせいに組み合わせ作りを始めます。

各自、その色の組み合わせを見ながら、自分の手元の色カード6枚セット(全員共通)を、ひっくり返したり、位置を変えたりして、いち早く再現しようと試みます。

カードセット6枚の色カードは、必ず3×2枚の構成で並べなければなりません。もしお題に1列4〜5色があるとすれば、1枚で2色分描かれているカードをうまく組み合わせる必要があります。

色カードの両面の色の関係性にも注目です。 〈赤〉の裏は〈緑〉、〈青〉の裏は〈オレンジ〉と補色(対比色)関係にあったり、〈赤&青〉の裏は〈紫〉、〈青&黄〉の裏は〈緑〉と混色関係にあったりするのです。
やみくもにひっくり返したりして組み合わせを探るのではなく、頭の中で論理的に組み立てて考えられるほど素早く的確に組み合わせを作れるようになります。

いち早く正しい色の組み合わせを作れた人から、中央に1枚ずつ用意された赤・青・黄の得点チップを1枚選んで取れます。 つまり、3位までは必ず得点チップを1枚取れることになります。 ただし、最後にこの獲得チップが赤・青・黄のセットになっているほどボーナス得点になりますので、もし狙っている色を取りたければ誰よりも早く取る必要があるでしょう。

こうしてゲームを続けていき、10回行なったらゲーム終了。得点チップの枚数と色セットボーナスを合計して、得点が一番多い人が勝ちです。

さらなる上級者のための「ハードチャレンジ」モードもあります。
お題の組み合わせがより複雑になり、「見たままの色」だけではなく、「○と○との混色」「○の補色(対比色)」といった〈考えないと判明しない色〉が登場します。

カラートピア:上級問題

ここがオススメ: 全員でいっせいにわいわいとスピード勝負で手を動かしながら、身近に存在する「色」の関係性を考えて、頭の中で論理的に組み立てて解を導くパズルの魅力が楽しめるゲームです。
手軽に楽しめる、子どもから大人まで幅広い年齢層向けとしてかなりおすすめです。

店内でサンプルをご覧いただけます。

[ボタン:これを取り扱いリストで確認/購入]
関連記事

  1. 2017/06/03(土) 13:30:28|
  2. ボードゲーム紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | 印刷用の体裁

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sgrk.blog53.fc2.com/tb.php/3852-4ccfb25f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)