高円寺0分すごろくや

東京 高円寺駅前のボードゲーム店「すごろくや」のブログ。

お知らせ

ゲーム紹介:スイートハニー、ビーマイン!/ Sweet Honey,Bee Mine!

同数を避け得点追加か公開に悩む
スイートハニー、ビーマイン! / Sweet Honey,Bee Mine!
発行元: 新ボードゲーム党(日本) , 発行年: 2017年
作者: 北野 克哉(きたの かつや)
8才~大人, 2~6人用, 所要 15分, ルール難度:★★ (2)

スイートハニー、ビーマイン!:箱

『スイートハニー、ビーマイン!』は、他の人の誰かに、すでにその人が集めたのと同じ数値カードを受け取らせて脱落させるように、 選んだ数値カードを裏向きにして1人ずつ、パスでチップを溜めさせるか、受け取って溜まったチップを総取りするかを選択させるゲームです。

スイートハニー、ビーマイン!:展示用写真

昭和テイストの名作漫画・アニメを彷彿とさせる女の子のハチが描かれた1〜10の数値カードを使います。「1」は1枚、「10」は10枚と、それぞれの値の分の枚数で構成されています。

毎回カードを回すリーダーが、手札から誰かに押し付けたいハチカードを裏向きにし、その上にチップを乗せて隣の人に渡します。 渡された人は〈カードとチップを受け取る〉か〈チップを乗せて次の人にパス〉かを選択します。

もし〈受け取る〉をした場合は、そのカードをめくり、すでに自分の場にあるのと同じ値かどうかを確認します。同じものがなければ、カード上のチップを受け取り、受け取ったカードを自分の場に並べます。 もしすでに同じものがあったら、ペナルティを支払って脱落してしまいます。

一方、〈パス〉した場合は、チップを乗せ次の人に回します。パスされるたびに、乗せられるチップの量が段々増えていくため、「脱落はしたくないけど、沢山のチップが欲しい」と苦しい選択を強いられるでしょう。 しかし、リーダーはそれを見越して、よりチップが溜まった後半の人を脱落させるためにカードを選んでいるかもしれません。

自分が〈受け取る〉〈パス〉を選択するときには、脱落を恐れてパスばかりしたくなります。しかし、勝敗はチップの枚数で決するため、パスばかりしていてはチップを失うばかりで勝てません。リーダーが回したカードの値を予想して、ここぞという場面ではカードを受け取り、チップを集めていきましょう。

これを繰り返していき、1人が生き残るなどの条件を満たしたらゲーム終了となります。一番多くのハチミツチップを稼いだ人が勝ちです。ただし、1人生き残った人が勝つとは限りません。たとえ脱落していた人でも、チップの枚数さえ多ければ勝てる可能性が残されているのです。

さらに、ゲームを悩ましくするさまざまな駆け引き要素があります。
  • 約半数のカードには、裏面に〈LOW=1〜5〉〈HIGH=6〜10〉の指標が示されているものがある
  • パスが1周すると、リーダーがそのカードをかならず受け取る
  • 1〜3のカードには、手札を減らす、脱落ペナルティが増えるなど、特殊な効能がある

ここがオススメ: 可愛らしい見た目のカードと裏腹に、多くの駆け引き要素があり「沢山チップを持ってる人を脱落させ、チップを放出させたい」「もっと沢山チップを取りたい」などの思惑が交錯します。 時にはハッタリを言ったり、「これなら安全だろう」と思い受け取って足元をすくわれたり、一か八かの賭けに出ることでドラマチックな展開もあり、とても盛り上がります。 わいわい話しながら手軽に遊べる、駆け引きを楽しめる大人向けとしておすすめのゲームです。

店内でサンプルをご覧いただけます。

[ボタン:これを取り扱いリストで確認/購入]

関連記事

  1. 2017/09/02(土) 16:06:24|
  2. ボードゲーム紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | 印刷用の体裁

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sgrk.blog53.fc2.com/tb.php/3897-878e716a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)