高円寺0分すごろくや

東京 高円寺駅前のボードゲーム店「すごろくや」のブログ。

お知らせ

ゲーム紹介:メルヘン王国を救え!

皆で協力し忘却の童話を探し歩く
メルヘン王国を救え! / Rettet den Märchenschatz!
メルヘン王国を救え!:内容物
発売元: Selecta(セレクタ, ドイツ)
発売年:2007年
作者: Kai Haferkamp
5才~大人, 2~4人用, 所要30分, ルール難易度:★★, 箱サイズ:大, ¥6500

『メルヘン王国を救え!』は、大切なグリム童話の12ページが失われたおとぎの国を救うため、圧政をしく王様が戻ってくるまでに、庭園の土をスライドさせて童話の断片をつなぎ合わせ、全員の協力で3種類の結末を迎えるゲームです。

メルヘン王国を救え!:童話を愛する王国 物語:緑豊かな小さなメルヘン王国は、みんながおとぎ話を大切にして平和に暮らしていました。

メルヘン王国を救え!:新しい王様 ところが、新しい王様はそれらのおとぎ話を嫌って、国中の物語をすべて焼き払い、人々にもっと働くように命じました。

メルヘン王国を救え!:枯れ果てる草木 王様が最後の1冊を真っ二つにして庭園に破り捨てると、王国は雲に覆われ、草木はみるみる枯れ果てた姿に変わっていきました。人々がすっかりおとぎ話の事を忘れてしまったのです。

メルヘン王国を救え!:勇敢な子供たち でも、実はまだ物語の大切さを忘れていない子供たちが残っていました。
子供たちは、王様の目を盗んで桜の木をつたってお城の庭園に忍び込み、失われた最後の物語の本を取り戻そうとするのでした…。

メルヘン王国を救え!:土をスライド ゲーム参加者は、子供たちとなって時計回りで順番に行動します。
自分の番になったら、捨てられた物語の上に積もった土をスライドさせて、物語の絵柄のペアを探します。

メルヘン王国を救え!:ペアを見つけた 物語のページが破られたのですから、同じ絵柄ではありません。断片から何のお話かを考えながら、もう片方のペアを探すのです。

メルヘン王国を救え!:蘇えったページ うまくペアを見つけられると、その物語のページはよみがえり、見つけた人の手元に置かれます。

メルヘン王国を救え!:緑に戻る 物語を見つけるたび、王国に光が戻り、庭園の枯れ果てた土に緑が戻ってきます。

メルヘン王国を救え!:コマの移動 緑のタイルには、自分のコマを進めることができます。

メルヘン王国を救え!:目指す出口 こうして、絵柄を探しつつ、庭園の出口も目指さなければなりません。

メルヘン王国を救え!:進む王様 一方、王国の変化に気付いた王様は、城に帰るために足を速めます。
子供たちが土をスライドしてもペアを見つけられないと、一歩ずつお城の扉に近づいていきます。

こうしてゲームを続けていき、3つの結末が待っています。

メルヘン王国を救え!:王様が先に戻ってしまった 結末その1:
子供たちが全員庭園から脱出する前に、王様がお城に戻ってきて、子供たちの計画を台無しにしてしまいます。
これはもっとも不幸な結末です。

メルヘン王国を救え!:子供たちは脱出 結末その2:
物語をすべてよみがえらせることはできませんでしたが、子供たちは王様が戻るより先に庭園から脱出することができました。
子供たちといくつかの物語は無事なので、良い結末です。

メルヘン王国を救え!:王国を救った 結末その3:
物語をすべてよみがえらせ、子供たちは王様が戻るより先に庭園から脱出することができました。
最高の結末です。王国には光が戻り、物語のページは表紙をそえて束ねられ、一冊の本となります。

ここがオススメ: 童話世界を背景に、1人の力ではスライドするうちに絵柄をどんどん忘れてしまうところを、みんなで力を合わせてつぎつぎと物語を見つけ、足場となる緑が戻っていく展開が素晴しいです。ページを何枚よみがえらせたか、各自へのご褒美がしっかりあるところもたいへん良くできています。早くもドイツ2007年度キッズゲーム大賞の最終候補に名前が挙がっているというのも納得です。
店内でサンプルをご覧いただけます。



【2013.5.25追記】残念ながら、メーカー絶版とのことで取り扱いリストから外しました。

関連記事
  1. 2007/02/27(火) 03:57:41|
  2. ボードゲーム紹介
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:1
  5. | 印刷用の体裁

コメント

コメントありがとうございました

はじめまして。うちのブログに店長じきじきのコメントありがとうございます。
そちらのお店はメロさんのブログで知りました。私自身は実はTVゲームどころかボードゲームもこれまで殆どやってない人間なので何なのですが、小さな子供の情緒を育んだり知的観察力を高めたり、何よりコミュニケーションツールとしてボードゲームは素敵だなー、と。
まだ産まれたばかりの息子の、ちっちゃい手がサイコロにぎったりコマを動かしたりする仕草やじっとボードを覗き込んで無い知恵をしぼる表情を楽しめる日を心待ちにしている次第であります。
地方在住なんで機会は限られてますけど、いつかお店に行きたいです!
  1. 2007/02/28(水) 09:11:09 |
  2. URL |
  3. むーにゃん #3eQvvr92
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sgrk.blog53.fc2.com/tb.php/438-661da2c6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

[mmm…]誰にも物語が必要

すごろくやにいつか行きたいなー、と思いながらブログを見ていたら 新作ゲーム「メルヘン王国を救え!」の紹介で 緑豊かな小さなメルヘン王国は、みんながおとぎ話を大切にして平和に暮らしていました。 ところが、新しい王様はそれらのおとぎ話を嫌って、国中の物語をすべ
  1. 2007/02/27(火) 23:31:24 |
  2. m-nn.org