FC2ブログ

ゲーム紹介:テディ・メモリー / Teddy Memory

0 Comments
すごろくや

2才半から遊べる名作記憶ゲーム
テディ・メモリー / Teddy Memory
メーカー: Ravensburger(ラベンスバーガー, ドイツ), 発売年: 2003年
作者: Angelika Kipp(アンジェリカ・キップ)
幼児向け(2才半~5才)、2~4人用、所要15分、ルール難易度★

テディ・メモリー:展示用写真

愛らしいシュタイフのクマたちのメモリーゲームです。
「メモリーゲーム」とは、ドイツでは定番の知育用神経衰弱ゲームです。

テディメモリー:遊戯中

12種類ある、2枚の同じクマの絵を見つけだしていくことで、自然と集中力と記憶力が高まります。カードは大きくて厚みがあるので、子供が乱暴に扱っても大丈夫。「絵合わせ」や「マフラーのクマさんだあれ?」など、年齢に合わせていろいろな遊び方ができるようになっています。


ここがオススメ: 裏のシルエットだけでは想像がつかないくらい、いろいろなクマの絵があって楽しめる、幼児向けとしてお勧めのゲームです。
クマの絵にも工夫が凝らされていて、すぐに違いが判るもの、似ているもの、身の回りでよく見る装飾、といったバランスがたいへん良くできています。
店内でサンプルをご覧いただけます。

[ボタン:これを取り扱いリストで確認/購入]

関連記事
すごろくや
投稿者:すごろくや

コメント 0

まだコメントはありません。

コメントの記入

Trackbacks 1

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
  •  いつか嘘つきゲーム。
  • 訳あって急遽妹の子守りに駆けつけた今日。 妹の子は、男女の双子で三歳児。 お家に着いたのはちょうど18時。双子の晩ご飯時。 とーちゃんかーちゃんは私と交代でお出かけ。 三時間ほど三人でお留守番。 三人で一緒に晩ご飯を食べ、双子パワーにやられたまま時は流...
  • 2010.01.29 (Fri) 23:46 | 猫になりたい犬