高円寺0分すごろくや

東京 高円寺駅前のボードゲーム店「すごろくや」のブログ。

お知らせ

ゲーム紹介:ポンジスキーム / Ponzi Scheme

投資自転車操業詐欺で勝ち逃げる
ポンジスキーム / Ponzi Scheme
メーカー: Homosapiens Lab (ホモサピエンスラボ, 台湾), 発行年: 2015年
作者: Jesse Li (ジェッセ・リー, 代表作:『鋼鉄と火薬』『歴史悠久』)
12才~大人, 3~5人用, 所要60分, ルール難度:★★ (2)

ポンジスキーム:箱

『ポンジスキーム』は、実在した詐欺事件を題材に、各自、資金を集めた投資家への配当支払いを、新たな投資家からの資金によってまかなう〈自転車操業詐欺〉を行ないながら、誰かが破産したときの所持資産を競うゲームです。

ポンジスキーム:展示用写真

1920年代に起こり、今だにその手法の詐欺が発生するきっかけとなった、「ポンジ・スキーム」と呼ばれる投資自転車操業詐欺がテーマです。
各自、自分だけは裕福なまま逃げ切れると考えている、この投資自転車操業の詐欺師となります。

⇒リンク:Wikipedia:ポンジ・スキーム

1人ずつ代わりばんこに、共通の場に9枚陳列された〈貰える資金が記された投資家〉カードのうち1枚を取り、資金を調達します。 また、併せて〈見せ掛け会社〉の成長タイルも購入します。

投資家カードを取るたびに資金はどんどん増えていくように思えますが、投資家カードごとに記された〈支払い期(=ラウンド)〉が経過するたびに、記された〈配当金〉を支払わなければなりません。そしてその配当金は雪だるま式に増えていくのです。
写真の例でいえば、13ドルを調達した投資家には、4ラウンド後に10ドルを支払わなければなりません。その10ドルをなんとかしようと思い、25ドルを調達しました。しかし、その投資家には4ラウンド後に27ドルを支払わなければならず、44ドルを調達しましたが、その3ラウンド後には52ドルを用意しなければならないのです…。

投資家の調達額面には限界があり、いつまでもは持ちません。誰かが支払えずに〈破産〉するでしょう。 そのとき、その破産した人以外が持つ〈見せ掛け会社〉の規模が勝敗を大きく決めます。

見せ掛け会社の規模は成長タイルの種類や枚数で示され、この成長タイルをめぐって、個人間で水面下の売買交渉が行なわれます。

交渉は、同種タイルを持ち合っているライバルに対して、皮財布にこっそり紙幣を入れて渡し、その額を受け取られたならばタイルをもらい、同額面を入れて返されたならばタイルを渡す、という売買方式を取ります。 ほどよい額面を設定しないと、ライバルにとって美味しい思いをさせてしまいます。自分だけが知っているタイミングでライバルを破産させられるように仕向けましょう。

こうしてゲームを続けていき、誰かが支払えずに破産したときに、それ以外の人で〈見せ掛け会社〉の規模と資金を清算し、もっとも評価得点が多い人が勝ちです。

ここがオススメ: どんどん資金を調達すれば何とでもなるような気がしていた序盤とは裏腹に、膨れ上がっていく支払いと資金調達に誰もが「ヤバい…これほんとにヤバい…」と冷や汗をかきながら、資金運営ギリギリの線で売買交渉を行なっていく、まったく新しい感覚で盛り上がるのが楽しいゲームです。
じっくり楽しめる大人向けとして超おすすめです。

店内でサンプルをご覧いただけます。

[ボタン:これを取り扱いリストで確認/購入]

  1. 2017/06/10(土) 22:23:59|
  2. ボードゲーム紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | 印刷用の体裁

ゲーム紹介:忍の巻 / Ninja Scroll

累積と手裏剣値を読み合う忍決闘
(しのび)(まき) / Ninja Scroll
メーカー: David Wang Studio (デイビッド・ワン・スタジオ, 台湾), 発行年: 2017年
作者: David Wang (デイビッド・ワン)
6才~大人, 2人専用, 所要10分, ルール難度:★★ (2)

忍の巻:パッケージ

『忍の巻』は、毎回手裏剣タイルの数値勝負を行ないながら互いの体力を削り合い、累積された使用済み手裏剣の枚数を鑑みて必殺技を繰り出すタイミングを計る、2人専用の決闘ゲームです。

忍の巻:展示用写真

〈虎の忍〉と〈龍の忍〉の、生き残りを賭けた熾烈な決闘です。
特殊な巻物パッケージが特徴的なゲームです。茶筒のような紙筒の中に内容物が入っていて、ゲームの舞台となる布製のゲームマットが巻かれています。

毎回、1〜5の数値手裏剣タイルを手札として、1枚を選んでは同時に公開、より値が大きいほうが相手に1ダメージを与えます。 ダメージを受けたほうは、プレイマット手前側にある自分の体力タイル(写真の「敗北」「5」「1」)が、右端のものから1段階ずつ右にずれていきます。このタイルが3枚とも場外に出てしまったほうが負けです。

都度使った手裏剣タイルは、プレイマットの脇に蓄積されていきます。 手裏剣タイルの中で〈必殺技〉に相当するものを使うと、この蓄積枚数に応じた大きなダメージを与えることができます。

一方で、累積されているほど手持ちの残り数値から相手に次の手を読まれやすくなってしまいます。 手裏剣タイルを使うたびに、累積したままにするのか、リセットするのかを選択していきましょう。

また、ダメージを受けていくと、ダメージマーカーが右にずれて場外に出ます。この場外に出たダメージマーカーは手札に加わり、必殺技が出しやすいなど、少し強くなります。

この他にも次のような駆け引きポイントがあります。

  • 〈1〉だけは〈5〉に勝てる。
  • 前回負けたほうが〈0.5〉を持っているため、同数値を狙いやすい。
  • 特定の条件下で強くなるなど、ゲーム開始時に引いた特殊能力が互いに異なる。

こうしてゲームを続けていき、相手のダメージマーカーの3枚目を場外に出せたほうが勝ちです。

ここがオススメ: 累積と手持ちの残り数値を考慮した読み合いの攻防が楽しいゲームです。
じっくり考えて楽しめる大人向けとしておすすめです。

店内でサンプルをご覧いただけます。

[ボタン:これを取り扱いリストで確認/購入]

  1. 2017/06/04(日) 12:18:59|
  2. ボードゲーム紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | 印刷用の体裁

ゲーム紹介:カラートピア / Colortopia

原色混色の両面札6枚で色列再現
カラートピア / Colortopia
メーカー: Poki Design (ポキデザイン, 台湾), 発行年: 2017年
作者: Poki Chen (ポキ・チェン)
6才~大人, 2~5人用, 所要20分, ルール難度:★☆ (1.5)

カラートピア:箱

『カラートピア』は、表裏で混色/補色関係にある赤青黄や緑橙紫の6枚カードを、各自が引っくり返したり並べ替えたりしながら、毎回提示される色の組み合わせお題をより早く再現することで、赤青黄のチップをバランスよく集めるゲームです。

カラートピア:展示用写真

トーテムポールを模して、さまざまな色の組み合わせが両面に描かれているたくさんのお題カードが用意されています。
毎回、それらのうち1枚がランダムで中央の場に提示されたら、全員いっせいに組み合わせ作りを始めます。

各自、その色の組み合わせを見ながら、自分の手元の色カード6枚セット(全員共通)を、ひっくり返したり、位置を変えたりして、いち早く再現しようと試みます。

カードセット6枚の色カードは、必ず3×2枚の構成で並べなければなりません。もしお題に1列4〜5色があるとすれば、1枚で2色分描かれているカードをうまく組み合わせる必要があります。

色カードの両面の色の関係性にも注目です。 〈赤〉の裏は〈緑〉、〈青〉の裏は〈オレンジ〉と補色(対比色)関係にあったり、〈赤&青〉の裏は〈紫〉、〈青&黄〉の裏は〈緑〉と混色関係にあったりするのです。
やみくもにひっくり返したりして組み合わせを探るのではなく、頭の中で論理的に組み立てて考えられるほど素早く的確に組み合わせを作れるようになります。

いち早く正しい色の組み合わせを作れた人から、中央に1枚ずつ用意された赤・青・黄の得点チップを1枚選んで取れます。 つまり、3位までは必ず得点チップを1枚取れることになります。 ただし、最後にこの獲得チップが赤・青・黄のセットになっているほどボーナス得点になりますので、もし狙っている色を取りたければ誰よりも早く取る必要があるでしょう。

こうしてゲームを続けていき、10回行なったらゲーム終了。得点チップの枚数と色セットボーナスを合計して、得点が一番多い人が勝ちです。

さらなる上級者のための「ハードチャレンジ」モードもあります。
お題の組み合わせがより複雑になり、「見たままの色」だけではなく、「○と○との混色」「○の補色(対比色)」といった〈考えないと判明しない色〉が登場します。

カラートピア:上級問題

ここがオススメ: 全員でいっせいにわいわいとスピード勝負で手を動かしながら、身近に存在する「色」の関係性を考えて、頭の中で論理的に組み立てて解を導くパズルの魅力が楽しめるゲームです。
手軽に楽しめる、子どもから大人まで幅広い年齢層向けとしてかなりおすすめです。

店内でサンプルをご覧いただけます。

[ボタン:これを取り扱いリストで確認/購入]

  1. 2017/06/03(土) 13:30:28|
  2. ボードゲーム紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | 印刷用の体裁

ゲーム紹介:エーブス / Aves

両隣差分の数札出しで7色を収集
エーブス / Aves
メーカー: Play With Us Design(玩聚設計, 台湾), 発行年: 2017年
作者: 陳曦 (Shi Chen, シー・チェン)
6才~大人, 2~6人用, 所要10〜15分, ルール難度:★☆ (1.5)

エーブス:箱

『エーブス』は、手札に全7色を集めるため、場の環状並びの果物カードに対して、隣り合う2枚の間に〈差分個数〉のカードを置くことでその2枚を獲得していくゲームです。

エーブス:展示用写真

カードに描かれた果物を集める(=食べるこ)ことで、手札をいち早く7色分揃えて一番美しい7色の鳥になることを目指します。

1人ずつ代わりばんこに、手札から1枚、カードに描かれている果物の種類と個数を選んで、場の環状並びの2枚の間に置いていきます。

もし、置いたカードの果物個数と、両隣2枚の果物個数(種類は問わない)の差分数が一致しているなら、その両隣2枚を手札に獲得します。例えば、写真中央手前のレモン1個カードとその右のライム5個カードの間に、何かの果物4個カードを置いたとしたら、その2枚を獲得できるのです。

また、カードの裏面には、その果物の色だけが示されています。ライバルたちの手札を見て、集めている色/不要な色を察知し、何を放出して何を取るべきかを考えていきましょう。

一方、手札がどれも該当しないなど、置いたカードが両隣の差分個数ではなかった場合には、山札からランダムで1枚だけ取ります。

こうしてゲームを続けていき、いち早く手札を7色に揃えられた人が勝ちです。

上級ルールとして、常に〈0個〉と見なすカラスカードを導入します。このカラスにより、通常ルールでは有効だった〈同じ個数カードを隣接させて取れなくする〉が通じなくなります。ただし、カラスを持ったままでは7色揃えても上がれないため、どこかで手放さなければならないという制約があります。

ここがオススメ: ただ欲しいものを集めるだけではなく、結果として場がどうなるかをよく考えなければなりません。シンプルながらも、〈差分で元要素を取る〉という一風変わったルールで新鮮なやりとりが楽しめるゲームです。
短時間でもじっくり楽しめる大人向けとしておすすめです。

店内でサンプルをご覧いただけます。

[ボタン:これを取り扱いリストで確認/購入]

  1. 2017/05/31(水) 18:25:02|
  2. ボードゲーム紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | 印刷用の体裁

ゲーム紹介:カッコウの巣作り / Zum Kuckuck!

串を立体組みした巣に卵を乗せる
カッコウの巣作り / Zum Kuckuck!
メーカー: HABA (ハバ, ドイツ), 発行年: 2016年
作者: Josep Maria Allué (ジョセフ・マリア・アレー) & Viktor Bautista i Roca (ヴィクトル・バウティスタ・アイ・ロカ)
4才~大人, 2~5人用, 所要15分, ルール難度:★☆ (1.5)

フランスアスドール賞アイコン-w128 フランス2017年カンヌ・アスドールゲーム賞:キッズ部門 (As d'Or - Jeu de l'Année Enfant)
2017年 金賞受賞
カッコウの巣作り:箱

『カッコウの巣作り』は、筒缶から枝木を引き抜いては慎重に差し込んで巣を組みながら、手持ちの卵を1個ずつ、すべて置ききった上で最後のカッコウ乗せに挑戦するゲームです。

カッコウの巣作り:展示用写真

カッコウのキキはすごくイライラして羽をバタバタさせています!
他の鳥をだまして巣作りをさせる「カッコウ」として生まれた彼女は、自分の卵を育てるための巣をどうやって作るのかを教わったことがありません。 キキを手助けし、木の棒を組み合わせて卵ぜんぶを支えられるように巣を作ってあげましょう。

カッコウの巣作り:初期状態

1人ずつ代わりばんこに、筆立てのように缶筒の中で立っている枝木を3本まで引き抜いて巣作りをしながら、上下端の色が同じ枝木を引き当てて卵を置く権利を獲得します。

引き抜いた枝木は、筒の口に対して水平に渡すことで、立体的な〈巣〉を組んでいきます。安全な枝木の置き方や、いじわるな置き方など、いろいろな置き方ができるでしょう。

カッコウの巣作り:卵の置き方

もし卵を置く権利を獲得しているなら、そこに自分の卵をそっと置いて、手持ちの卵を減らします。 でも、もしうっかり卵を巣の外や缶筒の中に落としてしまったら、人の卵を1個貰わなければなりません。

こうして、慎重に事を運びつつもお互いの卵をやりとりしながらゲームを続けていき、いち早く手持ちの卵を無くせた人は最後の〈カッコウのキキ乗せ〉に挑戦します。見事崩さずに載せられたら、その人が勝ちです。

ここがオススメ: あちこちが複雑に絡み合った状態の巣を、崩さないように慎重に枝木を引き抜いたり卵を置いたりする緊張感が楽しいゲームです。実は筒缶の「外」にも配置できるため、かなりいじわるな攻防もできるようになっているのがポイントです。
手軽に楽しめる、子どもから大人まで幅広い年齢層向けとしてたいへんおすすめのゲームです。

不明瞭な点を解消した説明書: すごろくや制作の説明書は、いつもの解りやすい内容に加えて、原文には不明瞭な点がかなり多かったため、ドイツのHABA社と確認を取り合って明確にしています。

店内でサンプルをご覧いただけます。

[ボタン:これを取り扱いリストで確認/購入]

  1. 2017/05/30(火) 19:54:22|
  2. ボードゲーム紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | 印刷用の体裁
前のページ 次のページ