高円寺0分すごろくや

東京 高円寺駅前のボードゲーム店「すごろくや」のブログ。

お知らせ

ゲーム紹介:さまことば / Quick Eye

増える形容詞に合う物を捻り出す
さまことば / Quick Eye / Мягкий знак
メーカー: Simple Rules(シンプルルールズ, ロシア), 発行年: 2017年(原版2011年)
作者: Maria Aleksandrova (マリア・アレクサンドロヴァ) & Daria Ermakova (ダリア・エルマコヴァ)
4才~大人, 1~10人用, 所要15分, ルール難度:★ (1)

さまことば:箱

『さまことば』は、「柔らかい」「汚れた」などの形容詞カード群を題材に、すべてに当てはまるものを言える自信を元に1枚増やすか、または「もう限界」とそれまでのカードを回収するかを選んで、集めた枚数を競うカードゲームです。

さまことば:カード散らばり

「ふわふわの」「くさい」「白い」など、全50枚の形容詞カードを使って遊びます。

さまことば:展示用写真

1人ずつ代わりばんこに、〈新しいカードをめくって手元に足す〉か〈手元のカードを回収する〉かを選んでいきます。

〈新しいカードをめくって手元に足す〉なら、手元にあるすべての形容詞に当てはまるものを言わなければなりません。 「軽い」「四角い」「白い」なら、例えば「紙」があるかもしれません。 あるいは「中身を出したすごろくやの荷物箱」でもいいかもしれません。 自由な発想で、みんなが「なるほど」と思えばOKです。
もしどうしても思い付かないときは、手元のカードをすべて捨てさせられてしまいます。

めくって手元を増やすとこれ以上思い付かないかもしれない、と思ったら、〈手元のカードを回収する〉ことで得点になります。

こうしてゲームを続けていき、山札が尽きたらゲーム終了。集めたカードがいちばん多い人が勝ちです。

このゲームのほかにも、幼い子向けに1枚ずつ当てはまるものを考えるルールや、複数の候補が同時に示されたときに全員で一斉にスピード勝負で当てはまるものが言えるかどうかに挑戦するルールと、全部で3つのルールで楽しめるようになっています。

ここがオススメ: 最初はこんなの無理!と思っても、頭の中で情景や大きさなど、いろいろな角度で物事を捉えることで意外なものが導き出せる「閃き」が楽しいゲームです。 手軽に楽しめる、子どもから大人まで幅広い年齢層向けとしてとってもおすすめです。

和訳シール付き: 形容詞の表記は英語のため、カードにさりげなく貼れる和訳シールを添付しています。

さまことば:和訳シール例

店内でサンプルをご覧いただけます。

[ボタン:これを取り扱いリストで確認/購入]

  1. 2017/10/07(土) 02:06:22|
  2. ボードゲーム紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | 印刷用の体裁

ゲーム紹介:ペアネコ / The Waltzing Cat

衝立駒を前後に倒し猫ペアを作る
ペアネコ / The Waltzing Cat
発行元: 賽苑(さいえん, 日本), 発行年: 2016年
12才~大人, 2人専用, 所要5分, ルール難度:★☆ (1.5)

ペアネコ:箱

『ペアネコ』は、場にランダムに立てられたブロックの表裏のネコ色が必ず異なる前提で、交互に1個ずつ、〈向こう側〉か〈手前に〉倒していくことで、倒されたネコ色をペアにできたら獲得し、高得点の〈王様ネコ〉や〈カップルネコ〉を狙って総合得点で競う2人専用のゲームです。

ペアネコ:展示用写真

表にも裏にもネコ絵が描かれたブロック10枚が場にランダムに立てられたらゲームスタートです。
ブロック両面のネコ絵は色で区別されていますが、全部でたった6色しかありません。 どのブロックも表と裏には必ず異なる色のネコが描かれていて、遊ぶ2人はそれらの〈表裏の色の組み合わせ〉をよく理解した上でゲームを始めます。

交互に、任意のまだ立っているブロック1枚を選び、〈手前に倒す〉か〈奥に倒す〉かをすることで、毎回1枚ずつネコ色を確定させていきます。
倒した結果、もし場に倒されて見えている同じ色のペアが揃ったら、得点としてそのブロックを手元に獲得します。

ただし、もし、〈奥に倒す〉、つまり元々自分側から見えていたネコ色を倒してペアを揃えた場合には、「簡単に揃えた」扱いとなり、揃った2枚のブロックのうち1枚しか貰えません。 一方、〈手前に倒す〉、つまり元々自分側からは見えていなかったネコ色でペアを揃えた場合には、「推理して揃えた」扱いとなり、揃った2枚を両方とも貰えます。

このため、自分の側から見えている色のネコと、全体的な〈表裏の色の組み合わせ〉をヒントに、それぞれのブロックの相手側には「どの色がありうるか」を常に察知しつつ、倒されて相手側の色が明らかになるたびに論理的に絞り込んで推理・特定していく必要があります。
また、相手もその推理を行なっていると判れば、相手の視点に立って「なぜ今それを手前/奥に倒したのか」も重要なヒントになります。

他にも次のような要素が推理と心理戦に深みを持たせて悩ませます。

  • 金色の王様ネコは高得点
  • 獲得した全ブロックを集計する際、赤と青の対(つい)ごとに「カップル」として高得点ボーナス
  • 「もう揃わない」と読んだら、倒さずに〈いち抜け宣言〉することで、最終的にペアが揃わなかったブロックをすべて獲得できる

こうしてゲームを続けていき、場のブロックが無くなったら互いの獲得ブロックを集計して得点が高いほうが勝ちです。

ここがオススメ: 自分側に見えているネコ色を材料に、相手がどう見えているかを考えながら、ときには手前に倒すことで、個々のブロックに対して「可能性」を絞り込んで推理・特定するのが悩ましくも楽しいゲームです。ゴロンとした、ちょうど握れるくらいの絶妙な大きさの木製ブロックと、可愛らしいネコたちのプリントも魅力です。
短時間でじっくりと駆け引きと心理戦を楽しめる大人向けとしてたいへんおすすめです。

店内でサンプルをご覧いただけます。

[ボタン:これを取り扱いリストで確認/購入]

  1. 2017/10/04(水) 02:14:47|
  2. ボードゲーム紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | 印刷用の体裁

ゲーム紹介:酒魅人(しゅみじん)

良質素材を揃え日本酒の出来競う
酒魅人(しゅみじん)
発行元: スーパーナンバーワンゲームス (日本), 発行年: 2017年
作者: 由利 真珠郎 (ゆり しんじゅろう)
20才~大人, 3~5人用, 所要60分, ルール難度:★★☆ (2.5)

酒魅人:箱

『酒魅人』は、オリジナル日本酒を造って広めるための酒米・種麹選びから名前決め、宣伝などの8行程に対して、提示された選択要素とライバルの動向を鑑みて、行程ごとの注力優先度を割り当て、出来上がった日本酒の評価点を競うゲームです。

酒魅人:完成酒サンプル

1年ごとに1本の日本酒を造り、計3本の出来栄えの評価合計で競います。

毎年、酒米・種麹選びから名前決め、宣伝などの8行程の要素に対して、良い要素タイルや悪い要素タイルなどがランダムで並びます。

酒魅人:展示用写真

各自、組み合わせの善し悪しを考えつつ、各行程において欲しい要素タイルの優先度を見定め、ライバルとの凌ぎ合いも考慮しつつ、[一]〜[七]の〈注力値タイル〉を配置していきます。結果、各行程において、より大きい値の〈注力値タイル〉を置いている人から優先的にタイルを選んで獲得してきます。

全8行程が済み、各要素タイルを組み合わせ、完成したものが自分の日本酒として評価対象となります。 ときには〈熟成〉によって寝かせる必要もあるでしょう。

これを3年分繰り返し、完成した3本の総合評価がもっとも高い人が勝ちです。

ここがオススメ: 日本酒造りの複雑な行程を学べるゲームです。選択具合によってどうしようもないお酒になることも。遊んだ後には、いっぱしの日本酒通になったつもりで、日本酒を見ると瓶のラベルをまじまじと見たくなるでしょう。
じっくり楽しめる大人向けとしてかなりおすすめです。

店内でサンプルをご覧いただけます。

[ボタン:これを取り扱いリストで確認/購入]

  1. 2017/09/29(金) 18:00:01|
  2. ボードゲーム紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | 印刷用の体裁

ゲーム紹介:マジックメイズ / Magic Maze

無言で協力し迷路の4色駒を脱出
マジックメイズ / Magic Maze
メーカー: Sit Down!(シットダウン, ベルギー), 発行年: 2017年
国内版発売元: ヘムズユニバーサルゲームズ, 国内版発行年: 2017年
作者: Kasper Lapp (キャスパー・ラップ)
8才~大人, 2~7人用, 所要3〜15分, ルール難度:★★ (2)

ドイツ 2017年
ゲーム大賞 (Spiel des Jahres)
最終候補 (Nominiert)
マジックメイズ:箱

『マジックメイズ』は、全員の共有物である勇者たち4色コマを、デパートを模したマス目の迷路から制限時間内に脱出させるため、1人1人に割り当てられた〈→東担当〉〈↓南担当〉といったコマの移動方向縛りの役割分担と連携で、全員いっせいに無言でコマを動かすゲームです。

マジックメイズ:展示用写真

ここがオススメ: 駒が迷路上のあちこちに4体もいるのでつい見落としが発生し、誰かのせいで重要な局面が止まってしまうもどかしさが楽しめます。唯一主張ができる〈あなたの行動待ち!〉を示すマーカーが目の前に置かれるととても動揺します。〈役割担当を左に回せ!〉〈監視カメラをまず止めろ!〉など、徐々に難易度が上がる章立てになっていて、何度もやりごたえがある点もポイントです。
手軽に楽しめる、子どもから大人まで幅広い年齢層向けとして超おすすめです。

店内でサンプルをご覧いただけます。

[ボタン:これを取り扱いリストで確認/購入]

  1. 2017/09/22(金) 19:55:49|
  2. ボードゲーム紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | 印刷用の体裁

ゲーム紹介:チューリップ・バブル / Tulip Bubble

暴落時期を鑑み球根種売買で稼ぐ
チューリップバブル(第三版) / Tulip Bubble
発行元: ぐうのね (日本), 発行年: 2016年(初版2015年)
作者: 紅陽 (こうよう)
10才~大人, 3~5人用, 所要60分, ルール難度:★★☆ (2.5)

チューリップ・バブル:箱

『チューリップ・バブル』は、各自チューリップの投機家となって、徐々に高騰する6品種×赤白黄色の花球根の値動きと入荷状況、愛好家の需要などを見定めつつ、安く購入し高く売ることでバブル崩壊時までに収益を競う、オランダでの史実を題材にしたゲームです。

チューリップ・バブル:近影

17世紀のオランダで実際に起こった、チューリップ球根の価格が異常に高騰して突然下降した(泡=バブルのように弾けた)ために経済に大打撃を与えた社会事件をテーマにしています。

全員、チューリップの花球根でひと儲けしようと目論む投機家となって、毎ラウンド市場に並ぶ6品種×3色(赤白黄)のチューリップカードを購入したり、売却したりします。

チューリップ・バブル:展示用写真

毎ラウンドが終了する度に、市場に少なくなっている(=より買われた)色の花は価値が高まり、余り気味な色のは価値が下がります。 さらに、毎ラウンドめくられる〈相場変動カード〉によって、意外な色種が上下します。 今何が安く買えて、次に何が高まるのかを予想したり操作したりすることで、うまく高値で売却して利益を稼いでいきましょう。

また、特定の品種や色の組み合わせでチューリップを欲しがっているマニアたちのリクエストも提示されています。 もし彼らのリクエストを満たせれば大きな利益となりますので、どの組み合わせが効率的か、や、次回ラウンドの入荷予定にも目を配る必要があります。

このため、市場での品種購入ではライバルと希望が被りがちになります。 希望が被った場合には競りが発生します。ただし、ゲームを通して所持金は常にギリギリであることや、落札したときに競り値を釣り上げた分はライバルに分配されてしまうため、むしろ手番順の優先度を活かして絶妙な初値を設定することが重要になります。

こうしてゲームを続けていき、相場変動カードの終盤でランダムな「バブル崩壊」が現れたときに所持金額が一番高いか、バブル崩壊までに異常に高価な「伝説の黒いチューリップ」を購入できた人が勝ちです。

ここがオススメ: 常にジリ貧の状態で、ときには借金をしながら売却と購入を繰り返し、少しずつ利益が出て資産が拡大する喜びが楽しめるゲームです。相場変動カードによってかなり展開が異なりますので、何度も遊びごたえがあります。
じっくり楽しめる大人向けとしてかなりおすすめのゲームです。美しいイラストのチューリップカードやチューリップ型のコマなど、豪華なコンポーネントも魅力です。

店内でサンプルをご覧いただけます。

[ボタン:これを取り扱いリストで確認/購入]

  1. 2017/09/20(水) 20:36:30|
  2. ボードゲーム紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | 印刷用の体裁
前のページ 次のページ